強盗がお店から奪っていったのはハーブ?

土曜日, 16. 6月 2012

25日、東京都町田市原町田のハーブ販売店に強盗が入りました。
店に押し入った強盗は、男性店員にのこぎりのような刃物を突きつけ、「商品を全部よこせ」と脅迫し、店に置いてあった商品のハーブ約150袋を奪って逃げたということです。
警視庁町田署によると、強盗に入った男の年齢は35歳ぐらいで、身長約175センチ、頭髪は丸刈りだったということです。
強盗に入って奪ったのが、現金ではなくハーブ。あくまでも仮説ですが、この店に置いてあったのは脱法ハーブで、今、脱法ハーブを法的に規制する動きがありますから、手に入りにくくなる前に、自分での使用目的か、転売して儲けようと考えて、現金ではなくハーブを奪っていったのかもしれませんね。

出産した乳児の遺体を焼いた女性とその父親

火曜日, 31. 1月 2012

自宅に隠した後出産した乳児の遺体を自宅に隠し、その遺体を焼いたとして、福井市に住む量販店パート従業員の宮永桃子容疑者と、その父親である繊維会社役員の喜弘容疑者が20日に福井県警に逮捕されました。
逮捕容疑は宮永容疑者の方が死体遺棄容疑で、喜弘容疑者の方は死体損壊容疑での逮捕だということです。
県警の発表によると、宮永容疑者は2010年11月頃、自宅の部屋で乳児を出産しましたが、出産した日に子供が死亡したため、その遺体を部屋に隠していたそうです。
その後、11年12月下旬に、宮永容疑者から「赤ちゃんを産んで部屋にそのままにしてある」と打ち明けられた喜弘容疑者が、その遺体を焼いたというのです。
そんなことをして罪にならないか、常識で考えたらわかりそうなことですよね。
父親なら、打ち明けられた時に宮永容疑者を出頭させるべきでしたね。

 

こないだふと久しぶりにレーシングゲームをやったら、マイカーが欲しくなり、マイカーローンによる購入を検討するようになりました。マイカーローンには審査があり、その審査基準に通らないとローンを組むことができないので基準に達するように目下努力中です。